入れ歯

入れ歯

入れ歯

入れ歯とは

入れ歯とは

『入れ歯』は、歯肉に相当するピンク色の土台に人工歯がついたもので、歯周病などで歯を失ったとき、その部分に入れて自分の歯の代わりとし、機能性と審美性を取り戻す治療方法です。全ての歯を失った場合は『総入れ歯』、1本でも歯が残っている場合は『部分入れ歯』になります。
また、総入れ歯と部分入れ歯はそれぞれ、健康保険が適用される保険診療と、適用されない自費診療のものがあります。保険診療のものは低価格でつくれますが、使える材料が限られているので、機能性や審美性にこだわることができず、快適に使えないことがあります。一方、自費診療のものは高額になりますが、使える材料を選べるので、機能性や審美性にこだわることができ、快適に使うことができます。

入れ歯というと、「硬いものが噛めない」「発音が悪くなる」「見た目が良くない」などマイナスのイメージを持たれがちです。しかし、歯がないまま放置すると、見た目だけでなく歯並びや噛み合わせも悪くなり、健康を損なってしまいます。歯の数が多いと健康寿命が長いという研究結果もあります。
失った歯を補う方法には、インプラント治療やブリッジなどもありますが、どちらも選ばないという方は、生涯健康に過ごすためにも、この入れ歯での治療を選ぶ必要があります。
入れ歯での治療をご検討の方、いまお使いの入れ歯の使い心地が悪いという方は、お気軽にご相談ください。患者さまの症状、ライフスタイル、ご要望などを踏まえたうえで、ぴったりと合う入れ歯をご提供します。


コンフォート入れ歯

入れ歯とは

入れ歯はとかく噛みにくい、痛い、外れやすいなどの不具合が出てきますが、当院の治療の中で一番患者さまに喜ばれるのは硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う「コンフォート」入れ歯です。『総入れ歯』にも『部分入れ歯』にも対応でき、しっかり噛めて、歯ぐきを保護し、痛くない入れ歯です。また、とても吸着が良く外れにくい入れ歯です。

入れ歯ならバイテック

ノンクラスプデンチャー

『部分入れ歯』は残っている歯に金属の留め金をかけて支えます。金属の色が目立つのが気になる方は、スマートデンチャーなど審美性の高い入れ歯があります。スマートデンチャーは金属アレルギーの方におすすめできる部分入れ歯です。

入れ歯の種類のまとめ

入れ歯には、大きく分けて『総入れ歯』と『部分入れ歯』があり、一般的には、それぞれ以下のような種類があります。
当院で取り扱いのない入れ歯もありますので、詳しくはご相談ください。

■総入れ歯

●レジン床義歯

保険診療の入れ歯です。
最も一般的な入れ歯で、ほとんどの歯科医院で取り扱っており、修理しやすいですが、汚れやにおいがつきやすいので、清潔に保つ必要があります。

●スルフォン床義歯

保険診療の入れ歯です。
煮沸消毒でき、汚れやにおいがつきにくく、耐久性に優れていますが、取り扱っている歯科医院が少ないので、修理に手間がかかることがあります。

●コバルトクロムプレート

薄いので熱が伝わりやすく、耐久性に優れています。

●チタンプレート

人体になじみやすく軽いので、装着感が良く、口の中が広く感じられます。耐久性に優れています。

●ゴールドプレート

適合性に優れ、身体に優しく、腐食による変色も起こりません。

●生体用シリコーン床義歯

粘弾性により咬合力を向上させます。安定性と耐久性に優れ、長期間使えます。

●ソフトデンチャー

歯肉に接する面に特殊加工を施しているので、痛みを感じません。留め金がなく、審美性に優れています。

●テレスコープアタッチメント

しっかり噛めて留め金のない、機能性と審美性に優れた入れ歯です。装着感に優れているので快適に使えます。

■部分入れ歯

●ソフトアタッチメント

外側と内側、二重のクラウンを使った留め具のない入れ歯で、内側には丈夫なソフト樹脂を使っています。機能性と審美性に優れています。

●ソフトデンチャー

歯肉に接する面に特殊加工を施しているので、痛みを感じません。留め金がなく、審美性に優れています。

●フィットデンチャー

ノンクラスプデンチャーより低価格でつくることができ、金属を使わず留め金がないので、金属アレルギーの方にも適応します。

●バルプラスト

スーパーポリアミドというナイロン系の材料でできており、薄く軽い入れ歯です。弾力性と耐久性に優れ、金属を使っていないので、残りの歯を傷めません。

  • 診療科目
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 在宅歯科
  • 専門的口腔管理(口腔ケア)
医療法人臨生会 吉田歯科分院